1月17日(水)平成29年度「競売不動産取扱主任者」試験の合格が発表され、受験者は2,201名、合格率は40.4%とのことです。

この資格は、法務大臣認定ADR(裁判外紛争解決制度)調停人の基礎資格を認定されており、調停人(研修と登録が必要)になると、その専門分野の範囲で和解のあっせんまで正当な業務として実行可能になるとのことで、今後、受験者数の増加が見込まれます。

羊不動産・立会人事務所株式会社