売買目的でご相談をお受けしないのは、中立を心掛け不動産相談専門を旨としているからです。 借地・底地の相談等、個別の要望に対応できます。

PICK UP ピック アップ

  • HOME »
  • PICK UP ピック アップ

平成29年度「競売不動産取扱主任者」試験合格発表

1月17日(水)平成29年度「競売不動産取扱主任者」試験の合格が発表され、受験者は2,201名、合格率は40.4%とのことです。 この資格は、法務大臣認定ADR(裁判外紛争解決制度)調停人の基礎資格を認定されており、調停 …

平成29年度「賃貸不動産経営管理士」試験の合格発表

1月12日(金)「賃貸不動産経営管理士」試験の合格が発表され、受験者は16,624名、合格率は48.3%(前年合格率は55.9%)とのことです。 国土交通省「賃貸住宅管理業者登録制度」で登録業者は事務所ごとに「賃貸不動産 …

平成29年度「公認不動産コンサルティングマスター」試験の合格発表

平成29年度「公認不動産コンサルティングマスター」試験の合格発表 1月12日(金)「公認不動産コンサルティングマスター」試験の合格発表がありました。受験者1,404名、合格者648名、合格率43.3%となっています。 試 …

平成29年度「貸金業務取扱主任者」試験合格発表

平成29年度「貸金業務取扱主任者試験」 1月10日、国家資格である貸金業務取扱主任者試験の合格発表があり、受験者10,214名、合格者3,317名、合格率32.5%です。 会社法、手形法・小切手法、民事訴訟法、民事執行法 …

一時使用のための借地権とされた事例

最高裁判例 事件番号 昭和35(オ)1066 事件名 家屋収去、土地明渡請求 裁判年月日 昭和37年2月6日 原判決挙示の証拠による原審の事実認定は、これを是認し得る。 上告人が本件建物を増改築したとの所論事実は、原審の …

債権者代位権による建物収去土地明渡請求権の行使方法

最高裁判例 事件番号 昭和42(オ)1469 事件名 建物収去土地明渡請求 裁判年月日 昭和43年3月28日 土地の貸借人は賃借権を保全するため賃貸人たる土地所有者に代位して土地の不法占拠者に対し建物収去及び土地明渡を請 …

土地賃貸借期間20年と借地法9条の一時使用の賃貸借

最高裁判例 事件番号 昭和44(オ)1141 事件名 請求異議 裁判年月日 昭和45年7月21日 原判決は、上告人と被上告人との間に、昭和二三年一〇月二三日、本件土地は昭和二一年一月一日から二〇年間賃貸したこととし、期限 …

 一時使用のための借地権の一事例

「一時使用のための借地権の一事例」 最高裁判例 事件番号 昭和30(オ)297 事件名 建物収去土地明渡請求 裁判年月日 昭和32年2月7日 土地所有者が、その土地の一部を建物所有の目的で賃貸し、賃借人がこれに店舗を建築 …

借地法9条にいう一時使用の賃貸借

最高裁判所判例 事件番号 昭和44(オ)1141 事件名 請求異議 裁判年月日 昭和45年7月21日 原判決は、上告人と被上告人との間に、昭和二三年一〇月二三日、本件土地は昭和二一年一月一日から二〇年間賃貸したこととし、 …

「借地法第9条の一時賃貸借」について

最高裁判例 事件番号 昭和28(オ)118 事件名 賃借権確認請求 裁判年月日 昭和29年7月20日 借地法第九条の一時賃貸借については同法第十条の適用なきこと、大審院の判例とした処であり、今尚変更の要を見ない。一時的賃 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © Hitsuji Real Property Observer Office Corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.