最高裁判例
事件番号 平成27(許)11 事件名
遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件
裁判年月日 平成28年12月19日

裁判要旨
 共同相続された普通預金債権,通常貯金債権及び定期貯金債権は,いずれも,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく,遺産分割の対象となる。(補足意見及び意見がある。)
参照法条 民法264条,民法427条,民法898条,民法907条